#世界は一冊の本のようなもの

《20歳の日本人大学生が1年間休学し世界一周バックパックに出かける話》

ブログを始めるに当たって、ブログ名の由来について

こんにちは。

説田康宏です。

 

世界一周バックパックを始めるにあたって、旅での日々の生活を文字に起こして沢山の人に伝えたいと思い、

このブログを作りました。

拙い文書と写真ですが、、旅先での自分の感じた事見た事を全力で伝えたいと思っています!

 

「世界は1冊の本だ。旅をしない人々は本を1ページしか読んでいないのと一緒だ」

-アウグスティヌス(キリスト教初代教父)

 

この言葉を聞いたことがありますか?

私は1年ほど前に知りました。

言葉を見た時に背筋がビビっとして、

思ったんです。

「ん? あれっ俺まだ1ページも読み終わってないんじゃないか。。」

 

上の名言を自分なりの解釈で学生時代のテスト範囲に例えてみます。

 

「テスト範囲は、ここ1ページのみです!!」
もし学生時代にこの言葉が学校の先生から言われた場合、多くの人が歓喜するでしょう。

しかし、歓喜しつつも少なすぎて本当にこの1ページのみなのかと不安になる人や、勉強が得意の人にとってはやりがいのないものと

感じるのではないでしょうか?

先程の名言によると、世界を1冊の本に例えた場合、旅をしない人々は本を1ページしか読んでいないのと一緒だそうです。

1冊の本の同じページ(今、日本に住んでる場所)を読み返して過ごすような時間はもったいない。

ページをめくろう、自分の手で。
ページを越えよう、国境を越えて。
ページを増やそう、旅に出て。

 

そんな願いを込めて、ブログの名前としました。

ブログ名は『#世界は一冊の本のようなもの』です。

 

日本でさえも行った県は10本の指に収まる程度。ましてや海外なんて小学校5年生の時に家族旅行で行ったグアム以来行っていません。

そんな自分が世界一周バックパックにでかけます! 

これからよろしくお願いします!