#世界は一冊の本のようなもの

《20歳の日本人大学生が1年間休学し世界一周バックパックに出かける話》

予定変更、【カミーノ・デ・サンティアゴ】へ(ブログ最終回)

f:id:setayasu:20180715044723j:plain

 

お久しぶりです。

大学を1年間休学して世界一周の旅をしている説田康宏です。

 

 

前回の記事の更新日を見てみると6/27と書いてある、、

ずいぶんの間、ブログをすっぽかしてますね。笑

 

リアルタイムでは、中東のヨルダンからヨーロッパのスペインに飛行機で移動して

深夜バス待ちです。マドリードからバルセロナに向かいます。

 

ではでは、書いていきます~

 

 

 

 

1.【カミーノ・デ・サンティアゴ】とは?

わかりやすく言うと、四国お遍路スペイン版

f:id:setayasu:20180715045138j:plain

ゴールになっている「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」とは、

スペイン西部に位置する都市の名前で、キリスト教の三大聖地

この聖地へ目指す旅を【カミーノ・デ・サンティアゴ(サンティアゴの道)】と呼びます。

 

目指す場所は一つでも、聖地へ至る道はたくさんあり

北部の海沿いやポルトガルからの道など様々なルートがありますが、

自分は最も代表的な「フランス人の道」と呼ばれるスペインとフランスとの国境の町を出発し、スペイン北部を歩きます。

全長780キロ(東京~岡山)、1日に20~30km歩いて約1ヶ月の道のりです。

 

「この道を歩く意味」について

気になって、宿で出会ったイギリス人のクリスチャンに聞いてみたんです。

「カミーノ・デ・サンティアゴはself reflection」 と言ってました。

自己反映って意味だそうです。

 

2.予定変更をした3つの理由

 ①世界各国の色々な人と交流できるらしい

  信仰を持つ人、持たない人、レジャーや観光として歩きたい人、自分探しをしたい人など、巡礼路は多くの人に開かれているそうで
一つの場所を目指して歩く巡礼路では、自分のペースで歩いていても、自然と他の巡礼者と顔なじみになり仲良くなれ、国籍も年齢も飛び越えて、色んなことを話すことで、さまざまな価値観や人生に触れることができるそう!

 

 ②ヨーロッパの観光なんて、いつでも出来る。

  当初思い描いていたのは、イギリスのハリーポッターのロケ地やフランスのモンサンミシェルポーランドアウシュビッツといった王道の観光地を巡る事でした。

ふと、「今でなくてもいいな」と思ってしまったんです。

 

  ③罪の精算期

  生まれてから今日までの「罪の精算期」って

人生に何度かに渡って来るものじゃないか。と最近考えます。

それが来る人もいるし、来ない人もいる。

それを気づく人もいれば、気づかない人もいる。

 

自分はある旅人と出会った事で、それが来ました。

 

1歳から20歳までの喜んだ事、怒った事、哀しんだ、楽しかった事、人を傷つけてしまった事を全て思い出し

「あの時はあんな事があったけど、どうしてだったんだろう」

とこれから後悔をしないようにする。

 

両親や側で支えてくれている友人、お世話になった方に感謝を伝える。

傷付けてしまった人には謝る。

毎日20〜30km歩いて、自分と向き合ってきます。

 

 

4.終わりに 

その瞬間の景色やその場にいる時間、考える時間を大切にしたい。

平和、貧富の差、宗教、戦争、人、愛。

日本にいる時には、頭に浮かばないような事を真剣に考えます。

 

1人で黙々とブログを書いている時間を宿で人と話す時間に充てる。

人と話す。街中を歩いてみる。考えてみる。

観光地への行き方など、他の人が腐るほど書いてあるから

わざわざ自分が書く必要がないと思いブログを書くのを止めていました。

止めていたより、無意識に存在を忘れていました。。

 

って事でブログを書くのを今回で止めます!笑

1日20~30kmをパソコンを背負って歩くのも億劫なので、いらない荷物と一緒に日本に送る事にしました。

 

短い間でしたが、読んでくださり楽しみにしていると言ってくれ、

ありがとうございました。(週間雑誌の読み切りより短いな笑)

 

説田康宏の旅の話が聞きたいと言ってくださる方には、

喜んで話しに行くので連絡ください!

その際には、自分の話を聞くだけではなく

あなたの話も聞かせてください。

 

来年の2,3月くらいには戻ります!

では、また!

 

 

(8月に公認会計士論文式試験を控えているみんな、ホントに頑張れーーー!!)

 

 

 

 

 

Banksyという覆面アーティストとアパルトヘイトウォール

 Banksyアパルトヘイトウォール近くに描いた絵

「テロリストが手榴弾ではなく、花束を投げる。 

f:id:setayasu:20180626221631j:plain

 

 

どうも、大学を1年休学して世界一周の旅をしている説田康宏です。

 

 今回は、

の2つについて知ってもらいたく、ブログを書いていきます!

 

 

index

 

1.Banksyという覆面アーティストとは

年齢や出身国ついて一切不明。社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描いている。自分の作品を世界各国の有名美術館の人気のない部屋に無断で展示し、しばらくの間誰にも気づかれないまま展示され続けたことがあり話題となった。

 

自分がBanksyについて知ったのは、前の国のトルコ。そこで、ある旅人と出会い、

イスラエルに行くなら、パレスチナ自治区にあるBanksyが描いた絵を是非見に行って欲しい。彼の絵を見ると、平和について色々考えさせられるよ。」

とアドバイスをいただきました。

 

そこで、実際にパレスチナ自治区に行き

Banksyが描いた絵を見に行ってきたので写真をあげていきます。

 

 

「平和の象徴である鳩が防弾チョッキを着て狙撃される」

f:id:setayasu:20180626222355j:plain

 

「ハートを落とす天使」

f:id:setayasu:20180626222900j:plain

 

 「少女が兵士のボディチェックしている」

f:id:setayasu:20180626223902j:plain

 

「壁(アパルトヘイトウォール)の外には天国がある」

f:id:setayasu:20180627000234j:plain

 

これらの絵を見て、皆さんは何を思いますか?

 

Banksyは何故、この地に絵を描いたのか。

そこには「アパルトヘイトウォール」があるからです。

 

 

2.アパルトヘイトウォールとは

f:id:setayasu:20180627005213j:plain

パレスチナ自治政府 - Wikipediaをぐるっと一周するように建設している壁で、隔離壁又は分離壁とも呼ばれる。イスラエルがテロ予防という名目で壁を作り、事実上、パレスチナの人々を中に閉じ込めている。2003年には建設中止と撤去を求める「国連決議」が、2004年には「国際司法裁判所」の勧告がイスラエルに出されている。だが、イスラエルはそれを無視し続け、今でもこの「隔離壁」を作り続けている。

 *ここでいう「アパルトヘイト」は、

南アフリカ共和国で行われた人種隔離政策の事。

 

壁の高さは、約10メートル。総延長703kmのうち408kmが建設済で

63kmが建設中、232kmが未着工だそう。

 

壁を見上げると有刺鉄線が自分がいる側(パレスチナ側)に向いている、、

これを見ると改めて

「こっちが壁の中なのか」と再確認される。

f:id:setayasu:20180626230541j:plain

 

 壁は延々と続く、、

f:id:setayasu:20180627000946j:plain

 

イスラエルから壁の中(パレスチナ自治区)に入る時は、何も手続きせずに入れます。

ですが壁の外(イスラエル)に行くときはバスを降りて、検問にいる大きな銃を持った警官にパスポートを見せなければ出れません。

パレスチナ人は出れないようになっているのです。

f:id:setayasu:20180627013156j:plain

f:id:setayasu:20180627013245j:plain

 

アパルトヘイトウォールには、Banksyが書いた絵以外に沢山の絵が書かれていました。

絵に題名はついていないので、勝手に想像して題名をつけていきます。

 

 「兵士が少女の持ち物をチェックしている」

f:id:setayasu:20180627001911j:plain

 

パレスチナへの爆撃」

f:id:setayasu:20180626231049j:plain

 

「すぐにこれ(アパルトヘイトウォール)を取り除け」

f:id:setayasu:20180626231158j:plain

 

「壁の向こうに平和な街がある」f:id:setayasu:20180626231123j:plain

 

「子供達が壁の外に出ようとしている」

f:id:setayasu:20180626231133j:plain

 

「平和の象徴である鳩を鎖で縛っている」

f:id:setayasu:20180626231150j:plain

 

「Free Palestine」

f:id:setayasu:20180627002422j:plain

 

  

3.終わりに

【この絵を書いた人は何を伝えたいのか】

パレスチナ自治区にある絵を見る度に考えさせられました。世界が平和になる日は、果たして来るのか。そう願って大人しく待つ人もいれば、武力に訴える人もいて、平和ボケしている人もいる。分離壁を除けば、住んでいる人も街の空気も、何ら他の国と変わらない。ここに住んでいる人が望むことは何なんだろう。いっそ壁を取っ払って一時的に抗争の原因になるんだったら、今のバランスを取っていた方が幸せなのか。

と色々考えながらブログを書いています。

 

長くなりましたが、ブログを読んでくださった方が

「世界には壁に囲まれた国がある」という事を

知って興味を持ってくだされば幸いです!

 

おわり。

 

 

----------------------------------------------------------------

パレスチナ自治区にあるモニュメント

「壁の外に出る鍵は持っている。いつかは壁の外に出るぞ。」

f:id:setayasu:20180626225408j:plain

タバコミュニケーションは世界共通だった

こんにちは。

世界一周大学生の説田康宏です。

 f:id:setayasu:20180618204423j:plain

突然ですが

タバコミュニケーション

という言葉を皆さんご存じでしょうか?

 

トルコの安宿にて、宿の従業員の方々とタバコミュニケーションをし

感じた事があったので書いてみます。

ではでは‥

  

INDEX

 

 1.タバコミュニケーションとは

→「タバコ+コミュニケーション」の造語

 簡単に言ってしまえば、

喫煙所でのたわいもない話をする事です。

 

f:id:setayasu:20180618211539j:plain

↑今回のブログを書くキッカケになった宿の従業員の方々↑

 

3人ともトルコ語が母国語で片言の英語しか話せず、

もちろん話は少ししか通じません。

けれど、

喜怒哀楽などの表情&リアクションから

なんとなく言いたい事はわかる。笑

この時、喫煙所でたわいもない話をする

タバコミュニケーション

のは世界共通なんだなと感じました。

 

 

2.世界のタバコ代事情

6月1日に日本を出発してから、

日本のニュースなどは全く目を通していなのですが

「タバコの金額が増額する」

というニュースが、

ふとした時に耳に入ってきました。

喫煙者の自分に取っては、

「おっ、まじか」というニュース。

 

ちなみにこのブログを書いている”トルコ”では、

1箱12トルコリラ(280円)!!

日本より200円ほど安いです。

 

ここで、海外のタバコ代ランキングを見てます。

 

最も高い国は、なんと2000円!?

日本は、まだ安い方でした。

f:id:setayasu:20180618213847p:plain

 喫煙者の皆さん、

海外旅行に出る時に是非参考にしてみてください!

 タバコ代って意外とバカにならないですよね、、

自分もこれから旅をしていく上でタバコが高い国では禁煙に励もうと思います。(多分)

 

3.喫煙所は秘密の花園

非喫煙者にとっては

「何を言ってるんだコイツ状態」

であることは重々承知しています。
わざわざ時間を割いて

身体に害を与え続けている訳なので素直に頷けます。

 

せっかく、くだらない内容のブログを書いているので

非喫煙者に取って興味深いであろう

"喫煙所で何が起きているのか"

を書いていきたいと思います。

まず、喫煙所には非喫煙者には知り得ることが出来ない情報や話題
この5分~10分の間に繰り広げられていることを

知ってほしいです。笑

 

喫煙者にはわかる人も多いのではないでしょうか?
話題の中心は大概は

サークルの愚痴や最近の事、
恋愛相談などありふれた会話が中心となるわけですが、
ごく稀にレアな会話を聞くことができるのも喫煙所の楽しみです。

 

しかし、極稀に「それ、俺に言っちゃっていいの?」という情報が
潜んでいるのが喫煙所の醍醐味であり、

面白いところでもあります。

 

また、あの喫煙者独特の仲間意識は

タバコを吸っている人しか味わえないでしょう。

さっきまで厳格だった人が気さくに話し出す様は客観的に

見ていると中々面白いです。

 

4.終わりに

今回は旅先で感じた事を軽く書いてみました。

海外のどんな情報を知りたいか

近々、twitterのアンケート方式で

取ってみようと思います。

せっかくブログを書くのであれば自己満足で

終わらせるより、欲しい情報を発信できたらなと思っています。

ご協力よろしくお願いします!

 

以上。

 

P.S.トルコのカッパドキアは人生で一回は行くべき

本当に幻想的でした。

f:id:setayasu:20180618232436j:plain

 

f:id:setayasu:20180618232834j:plain

クレイジーアイランドを終えて(マルタ編)

 

尻が痛い、、、

新しいページ(ブログ)の更新は

トルコの「イスタンブール→ギョレメ」の夜行バスで
書いています。
夕方18時に出発して、
到着するのは翌朝の19時(13時間の移動)😌

 

尻の痛さと戦いながら、
パソコンをカタカタ‥
 
では、書いていきます! 
 
 
どうも、世界一周大学生の説田康宏です。
 
前回のブログまでは、
しっかりと伝えたい事を考えて書いていたのですが
今回は、”自分の今の気持ち”
赤裸々に書いていきます。
完全に自己満足ですので、
多少読みにくいかもしれません‥
許してください!
 

 

  INDEX
 

1.自分がやりたい事ってなんだ?

 マルタに滞在していた12日間は、
「本当に自分がやりたい事ってなんだろう。」と
自問自答していました。
それは、
・旅
・将来
の二つに分かれます。
 
 
「将来」は、公認会計士の勉強を一時中断してから
ずっと悩んできた事であり
それに加えて「旅」と嬉しい事に悩み事が
追加されました。笑
 
では、"どんな事で悩んだか"を次の章で。
 
 
 
 

2.どんな「旅」をするか

世界一周をしている人が何人もいる中で


・これおもしろそうだから俺もやってみたい
・どんな事をすれば他の人達と差別化する事ができるのか
・休学して与えられた1年間という時間をどう有効活用するか

 

と考えているうちに"やりたいこと"が

どんどん出て来ました。

以下出てきたやりたい事です↓

①絶景や秘境を中心or美術館や芸術を中心の 旅
②このブログをアフィリエイトに特化させて、ブログを書きまくる 旅
③カウチサーフィンを駆使して宿代ゼロの 旅
④海外にいる日本の起業家、ビジネスマン、NGONPO青年海外協力隊、アーティスト、ジャーナリストに会って色々な話を聞く 旅
⑤本格的に動画編集をする 旅
 
 
前回のブログで偉そうにDPCAについて書いたばかりでしたが、
まあ、DPCAの「D」の候補が多すぎて
堂々巡りに陥っちゃた感じですね。笑
 
 
 

3.「将来」どうしようか

おちゃらけているように見えて
意外と色々考えてしまう自分は、
高校3年生の冬に
”一つのプレゼンが6800万円するマッキンゼーコンサルタント
というネット記事
を見ました。
 
「自分の考えを買ってもらうのってかっこ良すぎる!! 俺将来ここで働きたい!」
と18歳の少年は興奮していました。笑
 
なので、大学では自分の武器を身につけようと
公認会計士の資格を1年半勉強しましたが
去年の夏頃から「本当にこの仕事がやりたいのか?」
「他の仕事も見てみたい」
「スーツなんて着ないでカフェの店長もいいな」
と自分の軸がブレて勉強を中断しました。
 
自分の軸を見つけるために
世界一周の旅に出るまでの間は
考えましたが「将来どうしたいか」の答えは
今も出ていません。
そんな簡単に出るもんじゃないか。うん。
 
 
 

4.クレイジーアイランドでの振り返り

マルタでの語学留学生活を振り返ると、
2つくらい変わった事があるような気がします。
 
 一つ目は、
なんだか、心が穏やかになった。
言葉にしづらいんですが、
例えるなら空に上がっている雲のような感じ
「ありのままの自分でいいんだなあ」
と躊躇なく思える感じ。
 
上にあげた【どんな「旅」をするか】
たくさん候補がある中で
「自分がおもしろそうと思った事にどんどん挑戦してみろ」と
マルタが言ってくれた気がします。
将来の事も旅していく中で決めていけばいいんじゃない?と
f:id:setayasu:20180618000806j:plain
 
 
 
 二つ目は、
自己領域が増えた気がする。
ハウスキーパーのおばちゃんが、
早口のマルタ語(意味なんてわからない)で
キレてきても
「そっかそっか、ごめん。」
ってシンプルに思える。
 
酒で潰れても、浮気しても、
モノを盗まれても、
ブラジル人が日曜の13時に酒飲んでドンチャン騒ぎしても
マルタの全員が決まって言う言葉がある。
「Because of malta. this is malta.」
マルタというクレイジーアイランドで
自己領域が増えた、
増やさせられた気がします。
 
----------------------------------------------------------------
・仲良くなったブラジル出身のカイロ
ブラジルに行ったら観光してくれるらしい、優男過ぎた.

f:id:setayasu:20180618062857j:plain

 

・トルコ出身のイェジン(一番左)

次トルコ行くって言ったら

イスタンブールカード」という

トルコでの”PASMO”のようなものをもらった!

ありがとう!!

f:id:setayasu:20180618063137j:plain

 
・HUB店員かつバックパッカーのてる
最高に気が合った。

f:id:setayasu:20180618063536j:plain

 

----------------------------------------------------------------

 
 

5.終わりに

大学の授業やインターンやアルバイトもなく
24時間考える時間があり、
wifiがない場所だと世界から断絶されるので
精神と時の部屋に入ったような感覚の日常にいます。
 
そんな日常の中で
説田康宏らしい
ありのままの自分で
旅をしていきます🐾  

f:id:setayasu:20180618062656j:plain

以上!
 
 
次回のページ(ブログ)から、
新章~中東編~ が始まります。
旅で訪れた国で感じた事・おもしろかった事など
書いていきますのでお楽しみに!
 
 

PDCAではなくDPCAへ

 
この記事で言いたいことは、、、
ただひとつだけ!!
 
「これやりたいなあ、あれやりたいなあ」
って
口だけ言ってるのカッコ悪くね。
とりあえず動けよ。話はそれからだっ!
 
ってこと。
 
どうも、成田空港を3日前に出発した
大学生世界一周バックパッカーの説田康宏です。
 
 
最近よく聞く”PDCA
本屋さんに並んでますし、
自分もこの本を買って読んだ事があります。 

 

自分を劇的に成長させる! PDCAノート

自分を劇的に成長させる! PDCAノート

 

 

PDCAって何なのか」という人にためにザックリ説明すると
 
PDCA】:①PLan②Do③Check④Action
が本来の流れです。
 
 
ではなくて、、
自分が実践していただきたいのは"DPCA"
 
それは、
計画立てて始めるんじゃなくて  
もう始めちゃってから計画を立てれば
いんじゃない?って事。
 
【DPCA】:①Do②Plan③Check④Action
 PDCAとDPCAの違いは、①と②が逆なんですね。
 
ってことで、そのココロを書いていきます!
  
           index
 

 1.計画を立てているうちに計画自体が無くなる。

 
「ウユニ塩湖に学生のうちに行きたいなあ」
と思ったとするじゃないですか。
そこから飛行機やツアーの予約の時間を空ければ空けるほど、
「お金大丈夫かな、、、」
「春休みのサークルの合宿と被らないかな、、、」 
「親が許してくれるかな、、、」
というマイナスがどんどん浮かんでくる ので、行く気で失せてくるんですよ。
「やっぱいっか~、違う事やろ!」と最終的に妥協します。
 
このように計画自体が無くなってしまうのを
解決する方法(DPCA)を次章で紹介!
 
 

2.行動(航空券を予約)してから 、それに合わせて計画を立てればいい~DPCA~

 

解決する方法として日常に置き換えてみます。

何かに向けて準備している事はないでしょうか?

 

 フルマラソンに出るために毎朝ランニングしていないか?

気になる女性とデートするために女友達に相談してはいないか?

 
これ、多分一度は誰もが経験することだと思うんですよね。
そうじゃないんですよ!!!
 
まず、フルマラソンにエントリーする!
まず、女性をデートに誘ってみる!
まず、行きたい場所への航空券を取ってしまう!(キャンセル料がかかってしまうような航空券ならもう引き下がれないのでより良いです。)
 
話はそれからです。
 
そんな僕は8月末にスペインで行われるトマト祭りのチケットを
去年の12月に取っちゃいました。(照)
8月にヨーロッパ行くとしたら、どういうルートを組めばいいのか。
行動してから計画を立てる。
 
 自分にいつも言い聞かせている言葉があります。
”見切り発車は成功のもと”
これは見切り発車でもいいいので動き出すのが大事という意味。
動き出してしまえば、やるべき事や改善点が出てきて
どんどん成功に近づくからです。
 
 

3.行動力ってナニ?

日本から世界一周に出発する直前に、
「ほんとお前行動力あるよな」
たくさんの友人に言われました。
 そう言われた時に、微妙な反応をいつもしていたと思います。
ごめんなさい! それは何故か。
 
「行動力」なんて本当はないと思っていて
 
そこにあるのは、熱量だけ。
 
人が、「やりたい!」と思ったことを実際に始めるまでのスピードは、
 
熱量に比例するそうです。
 
そこに「行動力」はありません。
 
「行動力」というのは、実際に熱量を持って行動した人に、
後づけで与えられる勲章のようなものだと思うのです。
 
 
今回は旅先とは関係ない事を書きました!
このブログを読んで、すぐに行動に動き出す人が増えたら嬉しいです。
では、夜中の22時から始まるウェルカムパーティーという名のクラブに行ってきます。笑 
 
 

出発まであと2週間(身内向け)

こんにちは!
大学を1年間休学して
6月1日から世界一周バックパックに出発するsetayasu(説田康宏)です。

 

出発まで2週間、思ったことを書いていたら長文になっちゃいましたが、

最後まで読んでくれたら嬉しいです。

 

「ブログ書くなら出発前日だろ!」ってツッコミまれると思うんですけど、、

高校のテスト前勉強をいつも2週間前からノートなど集め始めていたので

”2週間前”って自分にとって本腰を入れるタイミングなんですよね。笑

 はい!では書きはじめます!!

 

 

今回のブログでは、

"人生は簡単に変えられないけど、毎日手に取る「選ぶモノ」は今すぐに変えられる”

という話をしたいと思います。

不思議なことに、「選ぶモノ」や「付き合うヒト」を変えると、人生は劇的に変わり始めるんです。選択肢は無限にあって、私たちは実は毎日それを「選んで」いる。哀しみも切なさも寂しさも、幸せも楽しみも、そう全部。

 

去年の夏休み終わりに将来、自分は何がしたいのか、どんな仕事をしたいのか悩み

1年半続けていた公認会計士の勉強を一旦中断しました。

 

そして環境を変えようとESS(英語学会)に新しく入り、サンマルクでバイトを始めて、キャリアブリッジでインターンした9ヶ月が過ぎました。

環境を変える前と後のそれぞれお世話になったコミュニティーに感謝を伝えるブログとします。(なので、身内向け) 

 

 

続きを読む

ところで、どんな旅なの?

こんにちは!
大学を1年間休学して
6月1日から世界一周バックパックに出発するsetayasu(説田康宏)です。
 
実は、自分が世界一周に行くと決めたのは去年の9月です。
なので、お世話になった先輩、大人の方や仲の良い知人に会う時は
「1年休学して、ちょっと行ってくるわ~」
とチラホラと話していました。
 
しかし、世界一周に行くとSNSで公言してから
「世界一周行くんだ!すご。」 「応援してる。生きて帰ってこいよ」
「中東とか危ない地域も行くの?」
「お前が乗る飛行機見ながらsee you again聞きながら酒飲むわ」
↑誰がポール・ウォーカーじゃ!
(つまんないですよね?そうですよね。すみません。黙ります。)
などと言ってくださる方がたくさんいました。
応援してくださる皆様、この場を借りて感謝を伝えたいです。
ありがとうございます。
 
その中でも「詳しいルート教えてよ!」
と言ってくださる方が多かったので今回のブログでは
旅のルートについて詳しく書きたいと思います。
 
 
今日は朝イチでブログを書き終えたので、今から13時から20時のインターンの最終出勤に備えて朝昼兼用でがっつりご飯を食べようと思ってます。
4ヶ月間お世話になったインターンなので、しっかりとお礼を伝えたいな🙏
 
続きを読む